« 「メッシのいとこがブラジルに復帰」 | トップページ | 「ラトビア戦の面白い新鮮な観方」 »

「ネイマールの”クローン”がヒーローに」

2013/01/27(日)

 

 ブラジルでは、既に、2013年のシーズンが開幕している。サントスFC所属のネイマールが、絶好調である。サンパウロ州リーグ(Campeonato Paulista)2試合消化時点で3得点、チームを2連勝に導き、トップを快走し始めている。圧巻は、開幕戦のサン・ベルナルドの試合、2得点を挙げたが、それ以上に驚かされたことがあった。ネイマール自身、数多く相手チームの選手からファールを受けたが、6枚のイエローカード、レッドカードを誘発させたのである。バルセロナFCのメッシがゴールを量産しているが、ネイマールの今シーズンも楽しみが増大すると感じた。

 そのネイマールもかつて出場しながらタイトルを取れなかった大会が、コパ・サンパウロ・ジ・ジュニオール(通称、コピーニャ、Copinha, Copa São Paulo de Futebol Junior)。今回で44回目の開催となったU-19の大会である。今回はブラジル全土から100のクラブが参加し、14日から125日まで、サンパウロ州内の25を超える会場で行われた。世界中からスカウトが集まり、逸材はブラジル代表選手となり得る大会である。

 コピーニャは、100チームを25のグループに分けて、1回戦総当たりの予選リーグを行う。各グループの首位チームと各グループで成績の良い7チームが、32チームで競う決勝トーナメントに進出した。優勝するためには、8試合戦わなければならない。

 準決勝で、ヒーローが誕生した。パウメイラスに3-2で勝利したサントスFCのネイウトン(Neilton Meira Mestzk)1994217日生まれの18才。ネイウトンは、この試合のサントスFCのすべての得点を挙げてハットトリックを成し遂げた。予選リーグではベンチにいて起用される機会はなかったが、センセーショナルなパフォーマンスを魅せて、一気にヒーローとなった。

 ネイウトンは、166cm57kgとネイマールよりも小柄。しかし、髪型や風貌は、ネイマールとそっくり。スピード、ドリブル、テクニック、決定力などすべてが、サポーターやメディアに、ネイマールのクローンと印象付けた。ネイウトンは、髪型だけしか似てないと謙虚であるが、これからが楽しみな選手が出現してきた。すぐさま、トップチームで試合に出場は叶わないかもしれないが、多くの注視を集めている。

 コピーニャは、有望な若手の登竜門である。ネイマールも、そして、多くの代表選手もこの年代で、この大会で注目をされた。決勝は、サンパウロ市が1554年に創設された125日。サントスFCのサポーター、サンティスタ(Santista)は、25,000人以上も詰めかけてパカエンブーで行われた。もうひとつのファィナリスト、ゴイアスのGMは友人のカッシウス・ハットマン、残念ながら、初優勝という夢は友人に届かず、サントスFC1984年以来の2度目のタイトルを獲得した。パカエンブー・スタジアムには、最強のサポーターとして、ネイマール自身も参戦した。ネイウトンは決勝でも得点しチームを優勝に導いたが、タイトルを獲得したジュニオールの後輩の選手達と同じようにネイマールは歓喜していた。ネイマールの活躍と並行して、ネイマールのクローンと称されたネイウトンも楽しみな存在である。

固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384026/48985428

この記事へのトラックバック一覧です: 「ネイマールの”クローン”がヒーローに」:

コメント

コメントを書く